その他の体臭

ブラジャーの臭いは重曹で解決?洗濯方法には要注意!

ブラジャーから臭いがしたことはありませんか?ブラジャーから臭いがすると自分の体臭が不安になることから、胸元が開いているようなおしゃれな服を着ることも抵抗が出てくるでしょう。その不安を解消するべく、ブラジャーの臭いの原因と簡単な対策法をお話します。

未分類 ブラジャーから臭いがする?気になる原因とおすすめの対策法

2018年09月26日更新

MOMOKO (クリノール編集部)

[1]ブラジャーが臭う原因は?

ブラジャーから臭いがする?気になる原因とおすすめの対策法

きれいに洗っているはずのブラジャーから、なぜ嫌な臭いがするのでしょうか?原因は大きく分けて3つあります。

雑菌が繁殖し臭いが発生している

ブラジャーから嫌な臭いがすると、自分の体臭を心配してしまいますよね。ブラジャーが汗臭くなってしまうのは、体に密着しているので汗や皮脂が染みこみやすいので、どうしても汗臭くなりやすいのです。汗の嫌な臭いがするからといって、ワキガや病気を疑う心配はいりません。

胸元は汗をかきやすく皮脂の分泌が多い部位のため、多くの汗腺や皮脂腺が集中しています。そのため、胸元に密着しているブラジャーには汗や皮脂が染みこんでしまい、菌が繁殖して臭いを発生させます。また、ブラジャーの周りは温度も湿度も高いので蒸れやすく、さらに嫌な臭いを発生させてブラジャーにこもることで、臭いの原因になります。

洗濯が不十分で汚れを落としきれていない

未分類 ブラジャーから臭いがする?気になる原因とおすすめの対策法

ブラジャーの洗濯が不十分だと、繊維についている汗や皮脂、垢などの汚れが残ってしまい、時間が経つとともに菌が繁殖して臭いの原因になります。

また、汗が染みこんだブラジャーを洗濯せず放置したり、洗濯後にすぐ干さず濡れたままにしておくと、菌はすぐに繁殖して臭いを発生させるので注意しましょう。

時間が経つほどブラジャーについた皮脂や汗などの汚れは洗濯しても落ちにくくなるので、その日のうちに洗濯をしたりお風呂に入ったときに手洗いすることをおすすめします。

室内干しが臭いを発生させている

ほとんどの方がブラジャーは部屋干しだと思いますが、部屋干しも臭いの原因の1つです。部屋干しだと渇くのに時間がかかってしまうので、生乾きの嫌な臭いがします。

また、ブラジャーはパッドが入っていたり二重になっていたりと、渇きにくい構造になっています。「もう渇いただろう」と、しっかりと乾ききっていないブラジャーをつけてしまうと、菌が繁殖して嫌な臭いがするのと同時に、生乾き臭もして悪循環になってしまいます。部屋干しでも扇風機などを使って風をあてることで、渇きやすくなるのでおすすめです。

[2]ブラジャーの臭い取りは簡単にできる?

ブラジャーについてしまった臭いは取ることができるのでしょうか?簡単にできる臭い取りの方法をお話します。

重曹を使ってもみ洗いする

未分類 ブラジャーから臭いがする?気になる原因とおすすめの対策法

ブラジャーだけでなく衣服の臭い取り、お掃除の強い味方である重曹を使うと、ブラジャーの臭いを軽減できます。重曹は100均やドラックストアなど、安価で簡単に手に入れることが可能です。

すでに家にあるという方も多いのではないでしょうか。「ブラジャーが傷むんじゃないか?」と心配する必要はなく、臭いだけでなく黄ばみなどの汚れも落とすことができます。

使い方は下記のとおりです。臭いを軽減させることができますので、ぜひ試してみてください。

    【重曹の使い方】

  1. 約40℃のお湯に重曹を少量入れて溶かす
  2. 重曹を入れたお湯の中にブラジャーを入れて、30分ほど浸けおきする
  3. もみ洗いする
  4. 洗濯用の固形石鹸で仕上げ洗い、または、洗濯機に入れて普段通り洗濯する

重曹スプレーを使うこともおすすめです。重曹スプレーは自分で簡単につくることができます。100均などで売っている小さいスプレーボトルに、水500ccと重曹5gを入れて溶かすだけで完成です。

重曹スプレーを持ち歩けば、外出時にブラジャーの臭いが気になったとき、スプレーするだけで臭いの軽減が期待できます。汗を多くかく季節や運動後にもおすすめです。

固形石鹸を使って手洗いする

未分類 ブラジャーから臭いがする?気になる原因とおすすめの対策法

ブラジャーを洗う際、洗濯機を使うよりも手洗いのほうが良いことをご存知ですか?ブラジャーを洗濯機で洗うと、水流によってレースがほつれたり型崩れ・ワイヤーの歪みなどデメリットが多いのです。手洗いだと優しく洗えて型崩れを防ぐだけでなく、汚れが気になるところをしっかり洗えて力加減もでき、汚れをしっかり落とすことができます。

手洗いで使う石鹸は、洗濯用の固形石鹸をおすすめします。中性洗剤だと皮脂汚れが落ちにくいのですが、固形石鹸は皮脂汚れを分解して落としたり、殺菌成分や消臭成分が配合されているので蓄積された雑菌も落とすことができます。

使い方は簡単でたっぷり泡立て、ぬるま湯でよく手洗いしましょう。洗濯用の固形石鹸は、ドラックストアや薬局、100均にも売っていて安価で手に入れることができます。

酸素系漂白剤を使って洗濯する

未分類 ブラジャーから臭いがする?気になる原因とおすすめの対策法

なかなか落ちない嫌な臭いには、粉末の酸素系漂白剤がおすすめです。液体の酸素系漂白剤もありますが、粉末の方が効果が強く臭いや汚れを落としやすいです。(シルク素材のブラジャーはデリケートなので液体の酸素系漂白剤を使いましょう)

    【酸素系漂白剤の使い方】

  1. ブラジャーを石鹸を使って優しくもみ洗いをした後、すすぐ
  2. 40℃程のお湯に酸素系漂白剤を入れて溶かす。その中にブラジャーを入れて30分~1時間浸けおきする
  3. ブラジャーをすすぎ、タオルで水分を取り干す

これで気になる臭いもスッキリ落とすことができます。

[3]ブラジャーを臭わせないようにする対策3つ!

毎日身につけるブラジャーもですが、お気に入りのブラジャーはさらに臭わせないようにしたいですよね。簡単にできる臭い対策法を3つお話します。

汗取りブラパッドを貼る

未分類 ブラジャーから臭いがする?気になる原因とおすすめの対策法

汗取りブラパッドを使うことで、ブラジャーに汗が染みこまず臭いを防ぐことができます。汗をかいても、汗取りブラパッドが胸元や胸の谷間の汗を吸収するので、外出先でも臭いを気にすることなく快適に過ごせるでしょう。

また、たくさん汗をかいて臭いが気になるようになったら、新しいものに交換すれば清潔ですし臭いも気になりません。使い方は、ブラジャーに汗取りブラパッドを貼りつけるだけなので、誰でも簡単に使うことができます。ドラッグストアなどで手に入るので、実践しやすく簡単な臭い対策です。

胸元をよく洗う

胸はとても汗をかきやすい部分です。ブラジャーの臭いばかり気にしてしまいますが、1番は胸元を良く洗うことが大切です。石鹸をよく泡立てて、優しく洗うように心掛けましょう。お風呂で汚れや汗、皮脂を良く落とすことで臭いの軽減が期待できます。

また、寝ている間にも汗をかいています。その汗をそのままにしてしまうと、臭いの原因になってしまうので朝シャワーをすることもおすすめです。シャワーをするときは、胸・背中・脇の下の汗を落とすように意識するといいでしょう。朝シャワーをする時間がない方も、汗拭きシートを使うと臭いを軽減させることができます。

汗をこまめに拭く

臭いの原因である汗をブラジャーに染みこませないことが大切ですので、汗をかいたらこまめに拭きましょう。ブラジャーを着けていると、胸だけでなく脇や背中もたくさんの汗をかきますが、ブラジャーに汗が染みこむと、菌が繁殖して臭いが発生してしまいます。こまめに汗を拭くことで臭いは抑えることが期待できます。

[4]清潔な下着で快適に過ごそう

ブラジャーから嫌な臭いがすると、胸元が開いた服やノースリーブ、オフショルダーなどのおしゃれでかわいい服を着ることに抵抗を感じてしまいますよね。

なにより、お気に入りのブラジャーは清潔に長く使いたいと思うはずです。上記で紹介した臭い対策はどれも簡単にできるものなので、ぜひ試してみてください。臭いを気にせず清潔なブラジャーを着けて、ファッションやお出かけなど好きなことを楽しみましょう。

また、「ブラジャーに汗取りパットを入れるだけでは臭いが気になる」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのようなときの対策として、インナーを消臭効果の高いものに変えてみるといいかもしれません。

最近では、消臭効果のある商品がたくさん増えてきています。なんとなく気になる自分の体臭を抑えるためにも、着るインナーをちょっとでも意識してみるといいかもしれません。

消臭製品の詳細はこちら

  • 関連するキーワード